【地域文化の紹介】棒の手をご存じですか?

2021/10/28

10/10(日)の秋晴れの日

尾張旭の棒の手 無二流の皆さんが尾張旭店の前で演技してくれました!

今日は、昭和51年に「尾張旭市の棒の手」として愛知県指定無形民俗文化財(第23号)に指定された棒の手についてご紹介します。

 

棒の手ってどんなもの??

棒の手は、2人から5人の演技者が型に従って演技を行う武術的な民俗芸能で、

その昔は尾張の農民たちの自衛手段として、近年では五穀豊穣などを願う神事芸能として受け継がれてきました。

流派によって名称の違いはありますが、本来の棒や木太刀を使った神事的要素の強い「表」または「本手」といわれる型と、

観衆を楽しませるためのキレモノ(真剣等)を使った「花棒」または「祭礼棒」といわれる型があります。

棒の手は、愛知県や岐阜県などにさまざまな流派が伝えられていますが、尾張旭市では「無二流」「検藤流」「直心我流」

「東軍流」「直師夢想東軍流」の5流派が伝統を守っています。

 

 

【感想】

コロナに負けず一生懸命練習したことが伝わる演技でした。

無二流の特徴である「いー やぁー とぉー」とひときわ長いかけ声、

動きのゆっくりとしたところと素早い動きのメリハリがしっかりしていてとてもかっこよかったです。

尾張旭市指定無形民俗文化財にもなっている【馬の塔(おまんと)】も来てくれました。

こういった地域文化に触れながら、地域の方々との関わりを大切にし、会社としてさらに地域に貢献していきたいと思います。

CONTACT

お問い合わせ

まずは気軽にご相談ください。
気になる物件のこと、尾張旭市・名古屋市守山区の暮らしのことはもちろんのこと
どんなに些細なご不安にも丁寧にこたえ、整理すべき点やメリット・デメリットについて
分かりやすくお伝えします。