瀬戸蔵で開催中のジブリミッドを観てきました

2022/01/02

先月から瀬戸市にある瀬戸蔵で展示されている「ジブリミッド」を観てきました。

 

◆ジブリミッドの概要

瀬戸市にある瀬戸蔵1階のアトリウムに飾られた「ジブリミッド」。

高さ2.5m、5段のピラミッド型ひな壇に461体のジブリコレクションが並べられています。

ジブリミッドはジブリパークオープンに向けた期間限定のイベントとして第1弾と第2弾に分けて瀬戸蔵で展示される予定です。

トトロ、ナウシカ、ジジ、カオナシなど、みんなが大好きなジブリのキャラクターやグッズが所狭しと並んでいます。

大人気でおなじみのキャラクターからこれなんだっけ~?と思うようなものもあり、じっくり楽しめます。

お気に入りのキャラクターを探しにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

このジブリコレクションのほとんどは、ロボットコレクターでもあり愛知工業大学客員講師の西山先生が個人所有されているものをお借りして展示・装飾をしているそうです。

※西山先生は瀬戸市が開催する「瀬戸蔵ロボットアカデミー」で「ロボ太郎」先生として中心的な役割を果たしてくださっています。

 

※「ジブリパーク」は2022年秋に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)に開業予定です。

5つのエリアで構成されており、「青春の丘エリア」・「ジブリの大倉庫エリア」・「どんどこ森エリア」が2022年にオープンし、

2023年には「もののけの里エリア」・「魔女の谷エリア」もオープンする予定です。

今からオープンが待ち遠しいですね。

 

 

【ジブリミッド展示期間】

第1弾:1月23日(日)まで

第2弾:3月中旬以降に再度設置

※この第1弾と第2弾の間は例年通り「ひなミッド」が展示される予定。

 

 

【瀬戸蔵について】

瀬戸蔵は、「産業観光」「市民交流」を支援する複合施設で、「せと・まるっとミュージアム」の拠点施設です。

愛・地球博が開催された2005年に、訪れた人々に瀬戸ならではのおもてなしが出来るようにとオープン。

瀬戸の歴史、伝統、文化を次世代に受け継ぎ、世界に向かって発信し続けています。

館内には瀬戸蔵ミュージアムをはじめ、つばきホール、やきものショップ、会議室などがあり多くの市民や観光客が訪れます。

 

【瀬戸蔵】

所在地  : 瀬戸市蔵所町1番地の1(名鉄瀬戸線 尾張瀬戸駅徒歩5分)

電話番号 : 0561-97-1555

開館時間 : 9:00~17:00

駐車場  : 189台 60分まで無料(以後60分毎に100円)

1階:ショップ、会館受付

2階:瀬戸蔵ミュージアム、つばきホール、市民ギャラリー

3階:瀬戸蔵ミュージアム、リハーサル室、特別会議室、産業支援センターせと

4階:多目的ホール、会議室

CONTACT

お問い合わせ

まずは気軽にご相談ください。
気になる物件のこと、尾張旭市・名古屋市守山区の暮らしのことはもちろんのこと
どんなに些細なご不安にも丁寧にこたえ、整理すべき点やメリット・デメリットについて
分かりやすくお伝えします。